機竜構築のススメ

f:id:youbattlespirits:20210429074716j:image

新弾で個人的に最注目の系統、機竜。

特徴としては非常に広い破壊範囲と耐性貫通。即座に回復可能な手札リソース。

そして、新ギミックであるミラージュを効果的に使うことができるということです。

それでは新弾の機竜の紹介と、以前更新した赤白ミラージュのレシピを元に採用理由、不採用理由を挙げていきます。

 

 

f:id:youbattlespirits:20210430083528p:image

3枚。必須カードです。

ミラージュセット中、何か破壊したらワンドロー。しかもターンに何度でも使える。

強過ぎる‼︎ドラゴンズミラージュで失った手札を回復することもできる為相性も抜群。現状あまり存在しないが、来是のサポートも受けられる。

赤のミラージュデッキにはほぼ必須カード。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083537p:image

3枚。初動の枠。

毎ターン除去とワンドロー。シンプルに強い。アタックせずにアドバンテージを稼げる優秀なスピリット。

ドラグ・ノーチラスと合わせれば、超星のゴッドシーカーや陰陽童も除去でき、リボルドローと合わせれば6000以下破壊。ドローのタイミングがエスパシオンの後でもいいのはポイント高い。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083544p:image

0枚。回収枠。

このデッキには創界神などのトラッシュを増やす手段がない為、基本的にドラゴンズミラージュで捨てたカードを回収する役割。それならこのカード捨てろよって感じになったので現状いらないと思いました。

弱くはないのですが基本的に枠がないです。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083604p:image

0枚。白のシンボルになれたら採用してたかも。

ネクサス破壊はドラゴンズミラージュに役割を持っていかれ、バトル時効果は現状の機竜のカードプールでは微妙。

将来に期待。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083628p:image

3枚。最強カード。

召喚アタック時効果は範囲も広く効果も使わせない、しかもターン1もない強力かつ使いやすい効果。リボルドローで10000破壊も。

目を引くのはコア回収効果と、条件が手札4枚以下というユルユルの2ドロー効果。弱いわけがない。

コア回収効果でコアを置けるのは機竜と「ネクサス」なんでも。使いやすい。

オーバースターのコアブースト能力と相性がよく、増えたコアがそのターンに使えるのも大きな強み。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083636p:image

0枚。でも1枚くらい入れてもいいかも。

アタック時に装甲持ちを破壊。ドラグ・ノーチラスで耐性貫通できないところを破壊できるので役割はある。ミラーでズィークドラゴンを破壊してくれるのはめちゃくちゃデカい。

シンボル追加効果ももちろん強く、赤の世界のバーンダメージも込みでアタック一回で4点持っていける超火力は無視してはいけない。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083659p:image

3枚。必須。採用されてない構築も見ますが、絶対いると思ってます。

神速召喚のような使い方ができ、かつアレックスなどのバトル終了効果も無効。ズィークドラゴンがいれば氷刃血解もケアできます。ワンチャン受け札にも。

召喚時効果の除去ももちろん強力、ズィークドラゴンで破壊範囲も広がる為、ズィークドラゴンと最も相性の良いスピリット。

エスパシオンで戻ってきたコアをこのカードなら展開に絡められるというのも大きな強み。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083650p:image

0枚。バースト枠。

書いてあることははちゃめちゃ強い。ただ、白のミラージュをセットしているとドローできないのが減点。

アタック時効果まで強いので全然採用して良いスペックは持っているカード。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083724p:image

2枚。機竜唯一の白スピリット。

まず目を引くのは装甲付与。しかも4色。

ロケッドラにすらこの耐性が付くのに採用しない理由がない。

多少コストが重めですが、オーバースターのコアブーストやエスパシオンでレベルを上げることができるので無視できる範囲。

BPアップ効果も無視できない強さ。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083731p:imagef:id:youbattlespirits:20210430083738p:image

3枚。

初動、機竜に耐性貫通付与、そして転醒すればミラージュを2枚も回収でき、自身も打点になる。採用しない理由がない。

バルダードラゴンもエスパシオンもファルファッラも相手の耐性を無視できるからこのデッキが強いまである。

機竜を持つため、ドラゴンズミラージュのコストにもなるのも魅力。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083744p:image

3枚。確定。

多分見落としてる人も多いと思うんですが、このカードのミラージュ効果は自分ターンなら「何度でも」使うことができ、コストは「コスト4」以上の機竜のみ。ロケッドラやバルダードラゴンでは無理です。

そのためドラゴンズミラージュのコストを一定数採用しないといけないので、構築段階で気にしなければなりません。

ネクサスとして配置する場面も全然多いです。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083801p:image

3枚。2枚でも良いかも。ただ、デッキの中のミラージュの枚数を一定数保つために3枚にしています。

ミラージュ効果は小回りが効きながら強力。ロケッドラでドローもできます。

マジック効果は高い打点の除去、そして白マジックアクセルの無効。白晶防壁のケア要員。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083753p:image

3枚。ミラージュをセットしないと使えない効果も多いため、現状赤のミラージュ種類が少ないから採用したってところもある。

ミラージュ効果は正直微妙。セットするために使う効果。

普通にドローカードとして使うことが多い。

ドラグ・ノーチラスで回収できるので、トラッシュにミラージュが落ちるという点も魅力の一つに。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083840p:image

3枚。リソース兼受け札。

常時白晶防壁。弱いわけがない。相手によっては詰むことも。

が、しかし白晶防壁と違い、相手がグランウォーデンなどの専用のメタを用意しなくても突破可能なため過信してはいけない。他の防御カードと併用することで真の防御力を発揮できる。

フラッシュ効果も、赤の軽減を持つバウンスカードとして便利。

 

f:id:youbattlespirits:20210430083851j:image

2枚。フィニッシャー。

自分のオーバースターを打点に変換できるのが魅力。

しかし、個人的には別に要らないかなぁ、とかも思います。

理由としては、赤の世界さえあればエスパシオンやファルファッラで勝てるから。

なら何故採用しているか、それは相手がセットしているオーバースターを破棄するため。

これからのビートダウンデッキの構築ではそのことも頭に入れなければなりません。

 

 

次に新弾以外で相性の良いカードの紹介。

 

f:id:youbattlespirits:20210430092410j:image

3枚。永遠に最強カード。抜く選択肢はない。

ロケッドラがいれば実質紫ネクサスのような使い方ができるのがヤバ過ぎる。

そして、エスパシオンやファルファッラが直接打点に変換できるのが1番の役割。エスパシオンのドロー効果で手札が回復するため複数枚配置することも容易。起幻よりも相性がいいまである。

 

f:id:youbattlespirits:20210430092828j:imagef:id:youbattlespirits:20210430092730j:image

不採用ながら、積みたいカード。

機竜を持つコスト4以上のカードのためドラゴンズミラージュのコストにも。

フェニックキャノンはバルダードラゴンが打点に、超炎魔神はファラオムや覇王などの致命的になりかねないバーストのケアになるため差別化可能。

ただ、フェニックキャノンは他の機竜の方が破壊範囲が優秀、超炎魔神はケアするバーストが少ないなど、採用しない理由もそれなりにあります。

 

 

 

機竜デッキを組む上で気をつけなければならないことは、ミラージュとコスト4以上の機竜カードの枚数。

ミラージュをセットしなければ効果を十分に発揮できないカードもあることと、ミラージュを使い回すために新たにセットするためなど、なるべく多めにミラージュは採用したい。

ドラゴンズミラージュのネクサス破壊効果はこのデッキの強さに直結しているため、捨てるカードは選択肢として複数枚手札に抱え続けたいため少し多めにしたい。

重くなりそうだが、エスパシオンが解決してくれるはず。

 

このデッキはコストパフォーマンスの高い除去と、増え続けるリソースが長所なのですが、そのリソースの大半が除去によって生み出されています。よって、手札次第では後攻の方が有利になるという、ここ数年のバトスピ では考えにくいデッキでもあります。それも踏まえて、ある程度のプレイング技術も要求されます。

 

 

 

現状白の機竜がほとんどいない為、次の弾での登場が期待できます。

これからも強くなるはずのデッキなので是非組んでみてください。

赤白ミラージュ

f:id:youbattlespirits:20210421104414p:image

新弾の赤デッキを早速組もうとしましたが、カードプールの狭さの関係で赤白構築になりました。

ではデッキ。

f:id:youbattlespirits:20210425183643j:image

新カードを使おうといましたが、ギャラドランは現状白シンボル不足、ドラゴニックフォートは強力カードですが、今回はアレックスに枠を譲ってもらいました。レドームドラゴンはシンプルに要らないと思いました。

 

ロケッドラはめちゃくちゃ強い‼︎赤の世界が実質紫の世界に。ドラゴンズミラージュで失った手札も取り戻します。最強カードの一枚。

 

エスパシオンも最強カード。転醒編の赤によくあったコア回収能力に2枚ドロー。条件が軽すぎて強過ぎる。

召喚アタック時効果もやばい。7000破壊と効果無効、ドラグノーチラスで耐性貫通も。強いことしか書いてない。最強カード。

 

 

メインは赤、そこに入る白のオラクルカード。このカードが強い。

ミラージュでコアを増やし、エスパシオンで回収とドロー。赤でドローとサルベージを繰り返して、最後にアストラ・ドラゴンとレーザーバレーで相手を倒します。

 

特筆すべきはこのデッキの受け性能。オーバースターをセットしていれば相手の高打点のアタックも怖くありません。エスパシオンと合わせれば圧倒的にアドバンテージ差をつけることができます。

他にも白晶防壁とアレックスを採用することで防御力アップ。アレックスは貴重な白シンボルとしても活用できます。

 

メインの赤のギミックも劣らず強力。

まずミラージュの除去性能が高い。そして、ミラージュとしてでなくても腐らないというのが本当に強い。

このデッキの序盤はバルダードラゴンはアタックステップ開始時に除去とドロー、リボルドローをセットしていれば破壊範囲が6000と、毎ターンアタックせずに軽量スピリットは破壊し、ドローできます。ロケッドラがあればより良い。

 

エスパシオンは白のギミックと相性が良く、1ターン生き残ればズィークドラゴンも軽々召喚、複数体並べることも難しくありません。

唯一の白の機竜、ズィーク・ドラグーンも侮れない。脅威の装甲4色付与。これは強い。

 

フィニッシュのアストラドラゴンは相手のオーバースターを破棄できるコストという点も次の環境では評価ポイント。

一度のアタックで相手のライフを全て持っていける攻撃力は非常に魅力的です。

ドラグ・ノーチラス・アサルトの転醒時効果は、ミラージュを持つ赤一色ならカードの種類を参照しない、かつ2枚も回収できるため、相手の防御札を無効にするためのレーザーバレーも回収できるのが偉い。アストラドラゴンのアタックに合わせて転醒すれば、白晶防壁も貫通できます。

 

赤の世界を配置していれば簡単に打点が揃うのでアストラドラゴンに拘らず、エスパシオンやファルファッラ、ドラグ・ノーチラス・アサルトで殴ることができるのもこのデッキの強み。

赤の世界とノーチラスはめちゃくちゃ強い。

 

新弾のカードで組みましたが、新しいカードを触るのはやっぱり楽しいです。

これから増えていくカードにも期待です。

 

 

 

カクメイ竜騎士

f:id:youbattlespirits:20210421101924j:image

新弾、そしてスターターデッキで大幅強化を得た竜騎士

ついに、やっと、ソーディアス・アーサーを楽に転醒させられるようになりました。

それによって一時期性能に反して希少性から高騰した創界神ガレット・レヴォも一線級のレベルに。

新ギミックのミラージュも加えて強くなった竜騎士がこちら。

f:id:youbattlespirits:20210422193929j:imagef:id:youbattlespirits:20210422193933j:image

2枚のアーサーがソーディアス・ドラグーン、1枚の方がケーニッヒとグランドラグニックアーサーです。

見辛くてすみません。やりたかっただけです笑

転醒スピリットでドラゴニック・アーサーを召喚、それに合わせてキャメロット・クイーンを召喚。アーサーでアタックするデッキです。

いままでソーディアス・アーサーが使いにくかったのは転醒条件。

全ての効果が相手依存な部分が非常に大きかったため、アタックするだけで転醒できるようになったのはありがたい。

4枚以上アーサーを採用したかったのですが1枚のみ。ドラグーンを優先させたのは広範囲の除去が魅力的だったからです。竜騎士魔神と合わせて使いたい。

ケーニッヒの蘇生効果はアヴァルケインとザクソンのみだが、除去付きのダブルシンボルという意味合いが大きい。グラン・ドラゴニック・アーサーはロマンですが、ダブルシンボルが強い。盤面のコアが少ない時はシンプルにケーニッヒかグランドラゴニックで2回殴って勝負を決めます。

なので、1ターン目にガレットを配置、次のターンにジャンヴァルジャンを召喚、アタックすると、それだけで勝負がつく場合もあります。

 

ミラージュも小回りがききますが、キャメロットクイーンのためだけなので6枚のみ。

カクメイミラージュは足場になるため非常に重宝します。ミラージュ効果より使います。

 

強くなった竜騎士

主人公デッキなので是非一度触ってみてください。

クロノス抜き時冠

f:id:youbattlespirits:20210218142202p:imagef:id:youbattlespirits:20210218142208p:image

まだ登場しない創界神クロノス。その系統時冠を持つカードは新弾で増えたものの選択肢は相変わらず少ない。

しかし、有能な効果を持つカードは存在します。

今回はそのカードたちを使ったデッキの紹介です。

f:id:youbattlespirits:20210422063319j:imagef:id:youbattlespirits:20210422063324j:image

 

元々カードパワーが高い青起幻。それを軸に組みました。

目標はロンバルディアの転醒時効果の達成。実質追加ターン。ガンガン殴ります。

ティンダロハウンドが面白い効果を持っており、突然盤面に青の起幻スピリットが登場するため青の世界との相性が抜群。便利なスピリットです。

新カードであるハイクロノトルーパーのおかげで盤面を作りやすく、さらにこのカードも青の世界との相性も抜群。

 

大創界石は1ターン目以外で配置すると弱いため腐りがち。それ以外のタイミングでは手札から捨ててスマラクトの効果で配置したい。このカード採用するとサカターノも採用したくなる。

と、いうのが今までの時冠デッキ。このデッキでは大創界石が打点になります。

盤面にスピリットが残りやすいため転醒されるためのアタック要員が尽きず、ロンバルディアの転醒後の一押しなってくれます。ガンガン配置したいカードとなりました。

 

打点不足や時冠不足を感じるならクロノドラゴンも採用できる。枠と相談。

弱点としては手札不足。割と致命的です。信用できるリソースがアレックスという時点でかなりキツい。コアや軽減には余裕があるのに対して手札がすぐになくなります。

早くゴッドシーカー枠の3コストが欲しい。

 

創界神が登場するはずなので、まだまだ進化の余地を大いに残しているデッキ。

早く3コスト初動が来るのを待ってます。マジで。

 

 

世界の真実ピックアップ紹介

f:id:youbattlespirits:20210421084053j:image

今回は今週発売される新弾の個人的に気になるカード、強そうなカードだけを、組み合わせなどより単体で強そうなカードのみをピックアップして紹介していきます。

新シリーズ始動と新ギミックの追加ということですが、新ギミックのミラージュはバトスピに今まで類をみなかった種類の効果ということで実際に触ってみないと分からないので期待と不安が半々です。

なので使って評価が大きく変わると思いますが、全体的にはカードパワーは近年の新シリーズ初弾と比べると低めに感じました。

ミラージュをみてみると、「このコストでこの効果が許されるの!?」と思ったり、「これにシンボルがついてたから創界神がダメだったのかなぁ」とか思ったりしました。

 

ではカード紹介を。

f:id:youbattlespirits:20210421120948p:imagef:id:youbattlespirits:20210421120956p:image

新シリーズ赤の系統機竜の足場。注目点は転醒時効果。

赤一色のミラージュ「カード」を回収。

これから広がっていくカードプールでこのサルベージ範囲はめちゃくちゃ強いはず。

転醒条件も機竜なら楽々。持っておきたいカードの一枚。

 

f:id:youbattlespirits:20210421121158p:image

書いてあることが赤らしく、全部強い。

手札コストが必要なものの、1コストでネクサスを絶対に破壊。ネクサス効果も赤お馴染みの効果で非常に使いやすい。

機竜を組むならほほ必須カード。

 

f:id:youbattlespirits:20210421085052p:image

上のカードとお馴染みのメタ効果。こっちの方が使われそう。

お馴染みのマリガン効果に加え、除去されにくいメタ効果を設置可能に。

除去手段が現状ないことも踏まえ、紫のデッキにこれをセットされるとかなり絶望しそう。

 

f:id:youbattlespirits:20210421085312p:image

ミラージュのバウンス効果と低コストに対するメタ効果。シンプルに強い。

低コストをあまり利用しない白重デッキにはどちらの効果もうまくハマるためこのカードを使いたい人は多くなりそう。

隣にトリプルヘビーが配置されてそう。

 

f:id:youbattlespirits:20210421085523p:image

やばいのでは?

明確にどんなデッキで使うというのはまだありませんが、バウンス後のハンデス。弱いわけがない。

フラッシュ効果も強く、デッキトップへのネクサス除去と系統指定の召喚配置。

このカードを強く使えるデッキを見てみたい、でも使われたくないです。

 

f:id:youbattlespirits:20210421085845p:image

このカード、どういうこと?新弾最注目カード。

ミラージュは新しくセットするとき、元々セットされているカードは手札に戻ってきます。つまり、このカードのミラージュ効果は使いまわせるということです。

毎ターン1コア、ザ・スターがいれば2コアブースト。赤のトラッシュコア回収と合わせて使うとゲキツヨです。

セット中の効果は超鉄壁。常時白晶防壁。このカードの防御を突破しようとするなら、毎ターン殴り続けるか、高コストのスピリットを正規召喚する必要があります。

この防御効果は自身にも適用されますが、関係のないLOデッキにも採用でき、ミラージュのためビートでも自分のタイミングで張り替えることができます。

軽減もどちらにも赤軽減が付いているため、ミラージュとしてもマジックとしても赤デッキに簡単に採用できる点も高い評価ポイントです。

 

f:id:youbattlespirits:20210421090140p:image

シンプル強カード。

軽減が多く簡単に召喚できるかつ、耐性付き。

下にカードを置くという珍しい効果を持っていますがこの効果はめちゃくちゃ強い。コア除去耐性を持っているため除去されればほぼ確実に下のカードを手札に加えられる。

最大の長所は下のカードを「手札に加える」ことでダメージ軽減ができること。アドしかない。しかもアタック、効果かも、タイミングも問いません。

下のカードはターンを重ねるごとに増えていき、複数体並べれば相手はドンドン苦しくなる。

ビート対面に大きなプレッシャーを与えるカード。

 

f:id:youbattlespirits:20210421091213p:image

ただ強カード。

ミラージュセットをトリガーに3枚ドロー1枚破棄。紫か青のミラージュデッキなら何にでも採用できます。

アタック時効果も強力で範囲がスプラッシュザッパー。

これから活躍できるデッキは多いはずです。

 

 

最注目はやはり白のオラクルカード2種類。

強烈な防御性能はこれから構築されるデッキで意識され続けるはずです。

今回緑と黄色はあまり興味がなかったのでスルー。強かったらその時調べます。

 

まだまだTCGをするには厳しい社会情勢ですが、新弾でバトスピが少しでも活気付いてくれることを望みます。

 

ガイ・アスラX

新弾発売前ですが、ちょっと書くネタがないので早出ししました。

主役はタイトル通りこちら。

f:id:youbattlespirits:20210417055721p:imagef:id:youbattlespirits:20210417055727p:image

転醒スピリットになって戻ってきたガイ・アスラ。実はかなり好きなスピリットです。

アニメの演出が転醒とイメージが合っていたのでこういうリメイクはめちゃくちゃ嬉しいです。

 

では早速デッキレシピ。

f:id:youbattlespirits:20210417060004j:imagef:id:youbattlespirits:20210417060009j:image

バトスピ 部の仕様が変わったので見難かったらすみません。

異界王関連のカードもリメイクされましたが、今回は超星基盤。星竜でデッキを組もうと思ったら超星のゴッドシーカーとノヴァドローが強すぎる!

相手の防御カードも簡単に貫通できるので介護、、、コンボデッキには最適です笑

なので今回はガイ・アスラXのデッキですが異界王デッキではありません。

 

基本的な動きは超星。しかしフィニッシャーはガイ・アスラX。召喚して殴って勝ちです。

超星というデッキ自体がガイ・アスラと相性が良く、スピッツァーやダークヴルムノヴァXの効果でコアが増え、かつゴッドシーカーやダークヴルムノヴァは完全耐性を持っているため超覚醒のコア確保にも困りにくいです。

ターレインリボーンを3枚採用の理由は、ガイ・アスラXを召喚するための軽減をゴッドシーカーを展開するため。勿論、ガイ・アスラXを回収するためでもあります。

 

では肝心のガイ・アスラX自身とその周辺カードの説明。

転醒前のガイ・アスラは従来のものとあまり変わりません。強いて言うならシンボル追加効果。これも正直微妙です。

本命の転醒。転醒条件は非常に緩く、このデッキならばほぼ確実に満たせます。

転醒後はお馴染みの姿、しかし効果は大幅に変化しています。

固有効果が2つ、幻星回帰と幻羅覚醒。

幻星回帰は、相手によって「破壊」されたとき、裏返しで「召喚できる」効果。

破壊のみに反応し、コストを支払って召喚する必要があるため、この効果を使おうと思うと、ガイ・アスラの上のコアを使えないことも踏まえて、リバイバルされた星創られし場所の使用が現実的です。

目玉の幻羅覚醒は超強力。スピリットだけではなく、カウントエリアからもコアを得ることができるようになりました。赤の世界の採用はこの効果の嵩増しのためです。

スピリットの上ではなく、純粋なコアブーストをして回復なので実質デメリットなし。さらにレベルが上がればシンボルも増えるため、幻星回帰と合わせて打点としては申し分ありません。ブロッカーとしての役割も忘れてはいけません。

星創られし場所はカード単体としてのスペックは非常に低く、キングゴルゴーXなどの異界王のスピリットと合わせることでやっと性能を発揮します。(正直それも怪しい)

このデッキで採用したのは、幻星回帰を楽に使えるようになるためと、カウントを増やすため。超星基盤なので重たいコストも比較的気にならず、赤のダブルシンボルが展開につながりやすい。ノヴァドローで引きに行くこともできます。

2枚と言うのが気になるのであれば、枚数を増やすのではなく、赤の世界もサーチできるスペースゴジラをお勧めします。

 

 

今回はレシピをシンプルにするために採用しませんでしたが、ガニメデを2枚採用することを強くお勧めします。

ガニメデをガイ・アスラに煌臨すると、その上に乗っているコアを使用可能となり、煌臨時効果でガイ・アスラを再召喚すれば超覚醒も転醒も再利用可能。以前のガイ・アスラでもやっていた強力な動きです。

ガイ・アスラのレベル4効果を奪われたり、星創られし場所の効果が残念だったりしましたが、概ね満足なリバイバルでした。

 

 

超星構築のススメ

f:id:youbattlespirits:20210328223456j:image
f:id:youbattlespirits:20210328223454j:image

人気が高く、長期間環境に残り続けるパワーを持つ超星。

新禁止制限によって大きな影響を受けました。

f:id:youbattlespirits:20210328223555j:image

デッキの潤滑油であるスピキュールとそれと同じ役割を持つサンピラー。

ノヴァに繋がる上で最強の煌臨元であるコーディリア。

これらの制限によりパワーダウンを余儀なくされましたが、今回はそれも込みで、超星の構築について自分なりに詳しく解説していきたいと思います。

 

デッキの特徴

このデッキは豊富なサーチ、ドローと増やしたトラッシュを活用したサルベージでリソースを大幅に稼ぎながら盤面を形成することから始まります。星竜という創界神サポートを大きく受けることができる系統であることも強力なポイント。

 

ゴッドシーカーが完全耐性を得ることができるためシンボルが残りやすく、ロングゲームにも対応できる強さも持つ。

 

フィニッシュ手段はジークヴルム、ダークヴルムのダブルノヴァを揃えて完全耐性、ライフ2点ボイド送り、ダブルシンボル、キズナ弾やアポローンのバーンダメージで相手のライフを削り切ります。

これらのカードは相手ターンにも使える効果を持つため、受ける展開にも強い。

スピッツァーというバーストメタも存在するため、攻撃の通りもいい。

 

界放のための創界神、耐性付与のダークヴルムノヴァ、煌臨元のコーディリア、ジークヴルムノヴァと、コンボパーツが多いためゴッドシーカー以外のドローやサーチ手段を活用する必要があり、その延長で手札が増えるため防御札を抱えやすいというメリットも持つ。ノヴァドローという最強ドローカードがあるため、様々なカードを採用することができる拡張性の高さも強みの一つ。

 

 

ここまでは誰でも知っている超星の強み。

ここからは構築の話をします。

 

 

 

基盤

超星の構築において、絶対に外せないカードがこれ。

f:id:youbattlespirits:20210328223905j:image
f:id:youbattlespirits:20210328223914j:image
f:id:youbattlespirits:20210328223911j:image
f:id:youbattlespirits:20210328223908j:imagef:id:youbattlespirits:20210328224030j:image

前記のノヴァやコーディリア以外に、これらのカードは絶対採用され、初動となり得るこれらのカードは3枚ずつの採用が基本です。

キズナ弾は一度配置すれば仕事が終わり、それ以降が腐りやすいため2枚採用が多いです。

ゴッドシーカーがそれぞれ並べば完全耐性のシンボルが赤紫ふたつずつという創界神も真っ青な足場に。

超星最大の強みとも言える。

他にもアポローンや紫の世界などの足場、双翼乱舞やアドベントドローなどのカードも採用できるが、それらは環境に合わせて変える必要があり、変えることができる。

超星というデッキでは、上記のカードとダブルノヴァ、創界神などによって約25枚は固定されていると言える。

 

 

 

基盤、フィニッシュ以外の超星

他によく採用されるのがこれらのカード。

f:id:youbattlespirits:20210328225912j:image
f:id:youbattlespirits:20210328225908j:image

スピッツァードラゴンは最近環境にいる覇王の存在により様々なデッキで見かけますが、サルベージ出来ないこのカードを安定してサーチできるのも超星の強み。さらにスピッツァーはノヴァの煌臨元にもなる。

しかし対処的な使い方をするカードのため必ず3枚入るカードでもなく、環境に合わせた枚数にする必要がある。

ガニメデは1枚だけ採用されることが多い。理由としては複数枚使用することがほとんどないため。ネクサス破壊もスピキュールで事足りることも多い。

しかしなぜこのカードが不採用にならないかというと、それはこのカードを使うことによる選択肢の増加とその動きの柔軟さだ。

ゴッドシーカーに煌臨すればもう一度サーチ、神託の傘増し。サンピラーやスピキュールの回収効果、ダークヴルムノヴァの滅界放の再利用。ジークヴルムノヴァに煌臨し、アタックキャンセルからの超界放など多くの動きが可能となります。

ネクサス破壊も煌臨時に使えば召喚時メタにも引っかからないという強みに。

好みや環境によって採用されない場合も中はないが、個人的には必ず1枚は採用したい。

 

 

 

超星以外の動き

基盤に利用されるカード以外にも様々なカードを採用できるのが超星の強み。

しかし、それはダブルノヴァというフィニッシュに向かって動くことが前提となっているため、必然と防御カードやドローカード、サルベージカードに枠を割くこととなる。

この枠が禁止制限カードに指定されたサンピラー、スピキュール、そして拾ったカードの枠となっている。

 

f:id:youbattlespirits:20210328230731j:image

ほぼ必須カードは防御カードとしては最強な白晶防壁。採用されるなら3枚の枠。

防御以外にも、赤と紫では突破できない耐性を突破するのにも重宝される。

 

f:id:youbattlespirits:20210328230803j:image

言わずと知れた最強バースト。現在ならサカターノやキングスコマンドの枠。利用できる枠としては3枚前後

ターンが帰って来ればノヴァで勝てる為よく採用される。白晶と同じく色を散らすことで装甲を突破しやすいという面もあることも覚えておいてもいいかもしれません。

 

f:id:youbattlespirits:20210328232137j:image

ゴッドシーカーやノヴァドロー以外のリソース元。枠は2〜4枚程度。

コーディリア制限によりノヴァドローの再利用が難しくなったため、より重要度が増しました。

この枠に当たるのは双翼乱舞やアドベントドロー、紫の世界やアイランドルートなどの足場兼ドローソース。今の環境では実質3枚ドローと6色カードの使用に対する強烈なメタを持つライウンコマイヌがこの枠に採用されるのではないだろうか。

 

f:id:youbattlespirits:20210328231003j:image

手札からライフが減ったタイミングで発動できる、いわゆる魔弾マジック。枠は2〜4枚以内。

手札保護を持つためグリードサンダーなどをかわせるこのカードは非常に相性がいい。

他にも覇王爆炎撃やデスアタラクシアなども候補に上がる。環境や同時に採用するカードによって選ぶ枠。

基本は絶甲氷盾、マジックによる破壊を求めるなら爆炎撃、紫の世界を採用するならデスアタラクシアなど、デッキや環境にあった採用方法を考える必要があります。

実はソウルクランチやマグネティックフレイムはここと同じ枠です。アスガルディアもここに含まれます。

あまり使われていませんが、個人的にこんなカードもおすすめです。

f:id:youbattlespirits:20210328231405j:image

 

f:id:youbattlespirits:20210328231523j:image

f:id:youbattlespirits:20210328223555j:image

禁止制限で大打撃を受けた枠、サルベージカード。コーディリアを除けば2枚か3枚程度。

こいつらの何がやばかったかというと、サルベージカード同士を回収し合うことで連続で神託し続けることができる動き。それがダメなのは皇獣が証明しています。

逆に言えば神託できるサルベージカードであったからこそ意味があったともいる。そのためこの枠にレーディアを1枚採用するというのもあまり良い手段とは言えない。

そこで新禁止制限に合わせて採用を進めたいのがこのカード。

f:id:youbattlespirits:20210328231814j:image

星竜3枚回収。バ・ク・ア・ド‼︎

しかし従来のサルベージカードとは違い、サーチもできなければこのカード自体を回収する手段がないということ。必然的にドローを強くする必要が出てくる。

レーディアと同じく神託出来ませんが、他に神託出来るサルベージカードが存在しないため回収できる枚数に注目。

この回収する3枚のなかに今回制限となったカードたちプラスαということになれば以前と変わらない動きが可能となるはずです。

これからも超星を使い続けたいという人は絶対に持っていて欲しいカードです。

 

 

強力な固定枠と、環境に合わせて採用することができる自由枠。

これらのことも加味して構築した自分のレシピがこちら。

f:id:youbattlespirits:20210329011823j:image

今の環境にありそうな普通の超星の制限によって減った枠にライウンコマイヌとスターレインリボーンを入れただけではあります。

自分の中で超星デッキ内の役割の理想がシンボルが残る初動15枚以上、ネクサス破壊3枚、防御マジック5枚、サルベージ4枚前後、バースト最大3枚前後、2枚以上になるカード6枚以上くらいの感覚を持って構築しています。

ここまでで紹介した枚数配分は役割が複数あるカードもあるので参考程度にしておいてください。

制限によって失った枠にスターレインリボーンを。ゴッドシーカー複数枚を回収する動きが理想的。もちろんコーディリアを回収するためのものでもあります。

フィニッシュ手段は以前と同じ。コーディリアに絶対アクセスします。なのでボトム落ちだけはケアできないのでそこは祈るのみ。ボトム落ちケアをしたいならリボルドローやブレイヴドローという選択肢もギリギリあります。ボトム落ちケア兼2枚目のコーディリアの役割を代わるため同じく制限カードのディアヌスキッズを採用するという選択肢もなくはないが、あまりおすすめするものではない。

理由として、

サーチできないこと。

ディアヌスキッズをトラッシュから回収する手段が必要になること(拾ったカードが禁止になった、、、)。

メイン煌臨効果の条件である赤の煌臨元を用意することが意外と難しい。これらのことがあげられます。

それならばスターレインリボーンを3枚採用する方が幾らか現実味があると言えるだろう。

そもそもこのデッキではスターレインリボーンという爆アドカードがあるためフル軽減でのジークヴルムノヴァの召喚も現実的。コア不足に喘ぐことになるかもしれませんが、以前と似たような動きはできます。

 

もう一度制限カードについての話をします。

禁止制限によって超星が最も影響を被ったのはコーディリア。

f:id:youbattlespirits:20210330162420j:image

コスト6以下の超星「カード」をサルベージという効果はダブルノヴァやコーディリア自身を回収できないものの、ヴィオラまゐ、優秀なゴッドシーカー、コーディリアとも相性の良いガニメデ、そして最強ドローカードであるノヴァドローを回収できるというのがあまりにも強かった。

アタックステップ開始時効果は言うまでもなく強力。

ノヴァを煌臨させるのはもちろん、ガニメデを煌臨させガニメデ効果でコーディリアを再召喚。回収と破壊効果をもう一度使うことができ、アポローンキズナ弾があればアタックせずにライフを削ることができ、このダメージはアレックスや絶甲氷盾の影響を受けません。

 

超星デッキとしてコーディリア制限で最も困るのはコア回収と煌臨させる効果。これらの効果のおかげで豊富な防御カードとダブルノヴァを揃えてのアタックができていたと言っても過言ではありません。

これからのダブルノヴァはそれを考慮し、ジークヴルムノヴァを煌臨ではなく召喚することも視野に入れなければならないと考えている。

そのためのスターレインリボーンである。このカードで複数枚のゴッドシーカーを回収、展開することで多くのシンボルを盤面に残すことができ、ダークヴルムノヴァもジークヴルムノヴァも低コストで召喚することができるはず。

もちろんコーディリア効果での煌臨が最強なのは変わりありませんが、新たな展開方法でもう一度ダブルノヴァを使うことができるのではないでしょうか。

 

ガニメデを2枚採用するという選択肢もありました。

ライウンコマイヌはタルボスの耐性が付与されない代わりにアタック制限がなく、低コストスピリットが並んでいてもアタッカーを確保できるのは超星では珍しい。

そのため序盤から能動的にフラッシュタイミングを発生させ、ガニメデをゴッドシーカーに煌臨、そして召喚時の再利用ができるからです。

序盤からこの動きができるの大きな強みの一つと数えることができます。

ターレインリボーンによって回収できる枚数が増えているため、この回収にタルボスを加えることができ、かつダークヴルムの滅界放を使いまわしてコアを増やしてジークヴルムノヴァの召喚につながることも考慮するならば2枚の方がいいのかもしれません。

 

他におすすめカードはデッドリィバランス。破壊するのはスピキュール、破壊時効果と合わせて2枚回収と除去が可能。このカードを採用するのなら紫の世界も一緒に採用することをお勧めします。

 

 

今回の制限によって影響を受けた枠を埋めるためにおすすめしたスターレインリボーン。

正直いうと現状の自分の中の評価は45点くらい。理由は今までこのカードが採用されなかったってところで察してください。

うまくリペアできたとしても正直従来の下位互換の動きしかできないのは火を見るより明らか。安定性は大きく欠けます。

しかし使い続けたいのはノヴァが好きだからに他なりません。

これからも様々な形を試しながらノヴァを使っていくつもりです。